葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

介護におけるコミュニケーションの必要性

介護は、ただ身の回りの世話をすればいいというものではありません。
安心・安全に介護するためには、コミュニケーションが必須です。
そこで今回は、介護におけるコミュニケーションの必要性について解説します。
▼介護におけるコミュニケーションの必要性とは
■介護の満足度の向上
介護を受ける利用者様は、ご自身の身体や生活に不安・不満を抱えていることが多いです。
そのため、利用者様の気持ちやニーズを聞き出し、応えることが必要です。
利用者様の自立や自尊感情を尊重し、一方的に介助するのではなくサポートする姿勢を示しましょう。
このように、利用者様と介護者の信頼関係を築ければ、介護の満足度は高まります。
■職員同士の連携
職員同士で意思疎通ができていなければ、利用者様に迷惑がかかる恐れがあります。
定期的に情報交換や相談を行い、互いの役割や責任を明確にして協力し合うことが必要です。
職員同士の連携を強化できれば、介護の質も向上します。
■家族との信頼関係の構築
家族は利用者様の生活や病歴などをよく知っており、介護職員にとって重要な存在です。
積極的にコミュニケーションをとることで、利用者様の状況や希望を把握できたり家族の不安や要望を聞くことができるでしょう。
利用者様の家族と信頼関係を構築できれば、介護の円滑化や安心感の提供につながります。
▼まとめ
介護でのコミュニケーションは、介護の満足度の向上・職員同士の連携・利用者様の家族との信頼関係の構築に役立ちます。
安心・安全に介護を行うためにも、積極的にコミュニケーションをとることが必要です。
当社では、コミュニケーションを大切にしながら介護サービスを提供しています。
サービスの利用をご希望の方は、気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ