葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

ケアプランを作成する際の注意点

ケアプランは自分でも作成できますが、ケアマネジャーに依頼するのが一般的です。
しかし、任せきりにするのは良くありません。
そこで今回は、ケアプランを作成する際の注意点について解説します。
▼ケアプランを作成する際の注意点
■利用者本人や家族の現状・希望を伝える
ケアプランは利用者本人やご家族のニーズに合わせて、介護サービスの内容や提供方法を決定する計画書です。
そのため、自分たちの現状や希望・困っていること・不満なことなどを積極的に伝えましょう。
ケアマネジャーに任せきりにすると、自分たちの意思が反映されない可能性もあります。
■経済面で不安な場合は早めに相談する
介護サービスを利用するには、一定の費用が必要になります。
経済面で不安な場合は、早めにケアマネジャーや市町村の窓口に相談しましょう。
介護保険制度では、自己負担額の軽減や助成金の支給などの制度があります。
自分たちの収入や支出から、適切な制度を利用することが大切です。
■わからないことや不安はその場で質問する
ケアプランを作成する際には、さまざまな専門用語や手続きが出てきます。
疑問や不安を放置すると、後でトラブルや不満につながる可能性があります。
わからないことがあれば、その場でケアマネジャーに質問しましょう。
▼まとめ
ケアプランを作成する際は、利用者本人やご家族の現状・希望などを伝えることが重要です。
また、経済面での不安や疑問点がある場合は、早めに相談して解決しましょう。
当社では、看護師や介護士による専門的なケアやサポートを行っていますので、わからないことがありましたら気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ