葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

介護疲れの対処法について

介護の負担が大きく、疲れを感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一人で抱え込まず介護と上手に向き合うためにも、対処法を知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、介護疲れの対処法についてご紹介いたします。
▼介護疲れの対処法
■身近な相談相手を見つける
介護の悩みを主治医やケアマネジャーなどの身近な方に相談すれば、抱えていたストレスの軽減につながります。
特にケアマネジャーは介護に関する専門家であるため、的確なアドバイスをもらえるでしょう。
現在のサービスでは負担が減らないと認識されれば、ケアプランの見直しが行われる場合もあります。
■リフレッシュできる時間を過ごす
リフレッシュできる時間を過ごすことも、介護疲れを軽減できる方法です。
例えば、運動して汗を流したり映画を見に出かけたりと、オフの時間を設けましょう。
自分だけの時間を過ごすことで疲れを軽減でき、生活にメリハリもつきます。
■高齢者支援サービスを利用
高齢者支援サービスを利用すれば、介護の負担を減らせます。
例えば訪問介護サービスでは、食事・排せつ・入浴などの介助サービスが提供されるでしょう。
またデイサービス・ショートステイも、しっかりと様子を見てくれるため安心です。
▼まとめ
介護疲れを感じた場合は、身近な相談相手を見つける・リフレッシュできる時間を過ごすなどの対処法があります。
ケアマネージャーに相談すれば、的確なアドバイスをもらえるでしょう。
また高齢者支援サービスを利用することでも、介護の負担を軽減できます。
当社は、東京都の葛飾区や江戸川区を中心に訪問介護サービスを行っています。
介護疲れでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ