葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

ヤングケアラーとは?

ヤングケアラーは、近年日本で問題視されています。
しかし、社会的認知度が低く大きな解決に向かっていないのが現状です。
そこで今回は、ヤングケアラーとはどのようなものか詳しく解説します。
▼ヤングケアラーとは
ヤングケアラーとは家族や親戚など、身近な人の介護や世話をしている子どものことです。
家庭環境や状況によって、身体的な介助・家事・買い物・看病・薬の管理・金銭管理など、さまざまな形で介護や世話を行っています。
本来は大人が担う役割のため、日本で大きな問題になっています。
▼ヤングケアラーの問題点
■勉強や進路に影響を及ぼす
家族の世話や介護をすることで、学校や塾に通う時間が減ったり宿題やテストの準備ができなかったりすることがあります。
将来の夢や目標を持つことが難しい場合や、希望する進路を選べない場合もあります。
勉強や進路に影響を及ぼし、自分の能力や可能性を十分に発揮できないことが多いです。
■友人関係が希薄になる
家族の世話をすることで自分の時間が少なくなり、友達と遊んだり話したりする機会が減って孤立する可能性があります。
年相応の過ごし方ができず、人間関係やコミュニケーションに問題が生じることがあるため注意が必要です。
■自覚がない
子どもの頃から家族の世話をしていると、それが当たり前になっている子どももいます。
そのため支援や助けを求められず、問題が発覚しにくいケースが多いです。
▼まとめ
ヤングケアラーとは家族や親戚など、身近な人の介護や世話をしている子どものことです。
勉強や進路に影響を及ぼす・友人関係が希薄になる・自覚がないといった問題点があるため、早期解決が求められます。
当社では葛飾区を対象に、ヤングケアラーおよび関係者の相談・支援を承っております。
1人で抱え込まずに、ぜひご相談ください。

関連記事

  1. 訪問介護のヘルパーがでできないこととは?

  2. 歩行器の種類とは?

  3. 福祉用具の選び方とは?

PAGE TOP
FAQ