葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

車椅子に移乗する際の注意点

車椅子は足が不自由な方の便利な移動手段で、多くの方が利用されています。
しかし移乗の際はケガのリスクがあるため、気をつけたい点を知っておくと安心ですよね。
そこで今回は、車椅子に移乗する際の注意点についてご紹介いたします。
▼車椅子に移乗する際の注意点
■転落の防止
立ち上がりの際、めまいにより転倒するリスクがあります。
介助者は転倒する可能性を考えて、移乗時はしっかりと支えるように心がけましょう。
移乗時には車椅子へ深めに座ることで、床や地面に滑り落ちるのを防げます。
■ズボンの食い込みに配慮
移乗時には身体を支えるため、ズボンを引っ張る場合もあります。
ズボンが食い込むと誰もが不快感を抱きますので、移乗では介助者への配慮が大切です。
一度移乗してからズボンや下着の食い込みを直すことで、利用者の不快感や負担を減らせます。
■足元に気をつける
移乗する前に、足元にある柵やフットサポートの鉄パイプに気をつけましょう。
車椅子の利用者が移乗の際にぶつけてしまうリスクがあり、少しぶつけるだけで内出血を起こす可能性があります。
▼まとめ
車椅子移乗する際は、転倒防止・ズボンのくい込みへの配慮・足元に気をつけるなど、注意点がいくつかあります。
正しく車椅子移乗を行い、安全面を考慮して介助者の負担を減らしましょう。
『合同会社醫鍼伊﨑』では、訪問介護と訪問看護サービスを提供しております。
介護に関するお困りごとがあれば、ぜひお問合せください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ