葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

高齢者の靴の選び方について

高齢者は筋力やバランスを保つ能力の低下により、転倒してしまうリスクがあります。
靴は、怪我をしないための大切な道具の1つです。
そこでこの記事では、高齢者の靴の選び方について紹介していきます。
▼高齢者の靴の選び方
■軽さ
高齢者は筋力が低下している方が多く、足を上げづらくなっています。
重い靴では足が思うように上がらず、転倒リスクを高めてしまいます。
そのため、持ってみて軽いと感じる靴を選ぶのが大切です。
■つま先に適度な余裕がある
つま先部分に適度な余裕があるかどうかも、高齢者にとっては重要です。
むくみや外反母趾を心配して大きめの靴を選ぶと、足が靴の中でズレてしまい安定しません。
靴が足にフィットしていないと、ねんざや靴ずれを起こしやすくなってしまいます。
靴を履いて、つま先に5~10mm程度の余裕がある靴を選びましょう。
■開口部が広い
開口部が広い靴だと、脱ぎ履きがしやすく安心です。
脱ぎ履きに時間がかかる靴だと、外出がおっくうに感じてしまうかもしれません。
スムーズに脱ぎ履きできるよう、開口部分が大きく開くタイプを選びましょう。
▼まとめ
高齢者の靴は「軽い」「つま先に適度な余裕がある」「開口部が広い」をポイントの選びましょう。
軽くてつま先に適度に余裕があれば、歩行中の転倒リスクを下げられます。
また開口部が広ければ、スムーズに脱ぎ履きできるでしょう。
当社は高齢の方も安心して暮らせるよう、看護師や介護士が専門的なケアを行う訪問介護サービスの会社です。
高齢者の靴選びでお困りの方は、一度当社までご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ