葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

リハビリに適した服装とは?

リハビリを効果的に行うためには、適切な服装を選ぶことが重要です。
服装によっては、リハビリの効果を妨げたりケガや事故の原因になったりする可能性があります。
そこで今回は、リハビリに適した服装についてご紹介します。
▼リハビリに適した服装
■身体の動きを妨げない服装
リハビリ時には、身体の動きを妨げない服装を選びましょう。
スウェットやジャージは伸縮性があり、肌触りも柔らかいため快適にリハビリを行えます。
ゆとりのあるシャツも身体の自由度を高めますが、袖や裾が長すぎると足元や器具に引っかかる場合があるため注意しましょう。
また、運動靴を履くことで足首や足裏をしっかりとサポートでき、滑りにくいことで安全性も高まります。
■身体の動きを制限する服装は避ける
身体の動きを制限したり不快感を与えたりする服装は、リハビリに適していません。
タイトなシャツや伸縮性のない素材の服は、血流や呼吸を妨げたり皮膚に摩擦や圧迫を与えたりします。
これはリハビリの効果を低下させるだけでなく、健康面にも悪影響を及ぼす可能性があります。
サンダルやスリッパは、足首や足裏を十分に保護できず滑りやすいです。
ケガや転倒の危険性が高まるため、リハビリ時には履かないようにしましょう。
▼まとめ
リハビリに適した服装は、スウェット・ジャージ・ゆとりのあるシャツ・運動靴などの身体の動きを妨げないものです。
一方、タイトなシャツ・伸縮性のない素材の服・サンダルなどの身体の動きを制限する服装は、ケガや事故につながる恐れがあります。
当社では有資格者が安全に配慮してリハビリを行っていますので、ケアやサポートが必要な方はぜひご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ