葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

床ずれを予防するには?

床ずれとは身体の一部が圧迫されることで血流が悪くなり、皮膚がダメージを受ける症状です。
とくに寝たきりの方や車椅子を使用する方にとっては、注意が必要といえます。
そこで今回の記事では、床ずれを予防する方法をご紹介します。
▼床ずれの予防方法
■体位変換と圧力分散
床ずれを予防するためには、体位を変えることが重要です。
寝たきりの方や車椅子を使用する方は介護者がサポートし、定期的に姿勢を変えましょう。
2時間に1度の体位変換が目安です。
また、骨が当たりやすい部位にクッションを使用すると圧力が分散するため、床ずれを予防できます。
■スキンケアと栄養摂取
スキンケアも、床ずれ予防に欠かせません。
入浴や清拭で皮膚を清潔に保ち、乾燥を防ぐことで炎症も防げます。
また、栄養バランスの良い食事や水分補給も重要です。
タンパク質やビタミンCが皮膚の健康をサポートし、床ずれのリスクを軽減します。
▼まとめ
床ずれは、体位変換と圧力分散・スキンケアと栄養摂取を行うことで予防できるでしょう。
寝たきりの方や車椅子の方にとって深刻な問題ですが、適切な予防策によりリスクの軽減が可能です。
『合同会社醫鍼伊﨑』では、葛飾区や江戸川区を中心に訪問看護・訪問介護を行っています。
利用者様のさまざまなニーズにお応えすることを目指しており、他の区にお住まいの方も相談が可能です。
体位変換や姿勢交換など、床ずれ予防もしっかりと行っていますので、介護に関することは気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ