葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

訪問看護に求められる資格について

訪問看護で高齢者をサポートするには、どのような資格が必要なのかご存じでしょうか。
実は働く場所や条件によって、求められる資格は異なります。
そこで今回は、訪問看護に求められる資格についてご紹介いたします。
▼訪問看護に求められる資格
■看護師
訪問看護の中核となる資格は、正看護師や准看護師などの「看護師」です。
医師からの指示を受けて医療行為ができる資格であり、看護師が2.5人以上勤務していなければ訪問看護事業所の運営はできません。
なかでもある特定の分野において、高いスキルを持っていると認められる者は「認定看護師」とされます。
また、特定の専門分野の技術・知識を持っていることを認定されると「専門看護師」として働けます。
■療法士
訪問看護では、看護師の他に「療法士」も大切な存在です。
療法士には主に2種類あり、1つは生活における基本動作のリハビリを行う理学療法士がいます。
もう1つの作業療法士は、応用的な動作のリハビリが中心です。
ほかにも、話す・聞く・食べるなどのリハビリをする言語聴覚士などもいます。
▼まとめ
訪問看護に求められる資格は、大きく「看護師」と「療法士」の2つです。
看護師は医師の指示を受けて、総合的な医療行為を行います。
また療法士は、生活に必要な動作のリハビリが中心です。
当社は看護師やヘルパー・介護福祉士など、有資格者による介護サポートを行っております。
さまざまな介護サービスを提供いたしますので、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ