葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

ヤングケアラーの支援方法

ヤングケアラーとは、家族や親戚などの介護や家事を担っている子どもや若者のことです。
学業・友人関係・将来の夢などに影響する可能性があるため、早期支援が求められます。
そこで今回は、ヤングケアラーの支援方法についてご紹介します。
▼ヤングケアラーの支援方法とは
■社会的認知度を高める
ヤングケアラーの自覚がない子どもが多いため、社会的認知度を高めることが重要です。
子ども自身にも自分の状況や感情を理解してもらい、必要な支援を受けられるようにしなければなりません。
ヤングケアラー向けの相談窓口・情報サイト・交流会などを充実させることで、孤立を防げます。
■スクールソーシャルワーカーを配置する
スクールソーシャルワーカーとは、学校で子どもたちの心理的・社会的な問題に対応する専門職のことです。
ヤングケアラーの特性やニーズを把握し、学校・家庭・地域と連携して支援プランを立てます。
ヤングケアラーが学校生活に適応し、自己肯定感や希望を持てるようにサポートします。
■適切な介護サービスを提供する
ヤングケアラーが介護負担を軽減し、自分らしい生活を送れるようにするためには、適切な介護サービスを提供することが必要です。
介護サービスを利用することで、学校・趣味・友人との交流などに時間を使えるようになります。
また、家族全体における生活の質を向上させることにもつながります。
▼まとめ
ヤングケアラーを支援するには、まず社会的認知度を高めることが大切です。
そして、スクールソーシャルワーカーの配置や、適切な介護サービスの提供も求められます。
当社は葛飾区を対象に、ヤングケアラーの相談や支援を行っていますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

関連記事

  1. 訪問介護のヘルパーがでできないこととは?

  2. 歩行器の種類とは?

  3. 福祉用具の選び方とは?

PAGE TOP
FAQ