葛飾区・江戸川区の健康・福祉支援サービス

FAQ
会社概要
お問い合わせ
コラム

身体介護と生活援助の違いとは

介護サービスには、利用される方の生活に密接に関係するものが多くあります。
そのなかでも、身体介護と生活援助は欠かすことのできないサービスです。
今回の記事では、身体介護と生活援助の違いについて解説します。
▼身体介護と生活援助の違い
身体介護と生活援助の大きな違いは「利用者の身体に触れる必要があるか」です。
■身体介護
身体介護とは、食事介助・排せつ介助・入浴介助など、利用者の身体に直接触れて行うサービスのことです。
利用者が一人で食事や排せつを行うことが難しい場合は、食事介助やトイレの補助などサポートを行います。
一人で行うことができる場合は、そばで見守りながら何かあったときのために備える必要があるでしょう。
■生活援助
生活援助とは、利用者が日常生活に必要な家事を代わりに行うサービスのことです。
掃除や洗濯など室内で行う家事はもちろん、必要に応じて買い物や薬の受け取りなども行います。
利用者の生活に必要な家事を代行することで、生活の負担を減らすことができるでしょう。
生活援助は、主に訪問介護で身体介護が必要ない場合に行われます。
▼まとめ
身体介護と生活援助の違いは、利用者の身体に触れる必要があるサービスであるかで判断されます。
両方をバランスよく行うことで、利用者の生活の質をより上げられるでしょう。
『合同会社醫鍼伊﨑』では、身体介護と生活援助の両方を行っております。
葛飾区・江戸川区を中心としたエリアで訪問介護サービスの利用をお考えの方は、いつでもご相談ください。

関連記事

  1. 入浴介助の目的と種類とは?

  2. 入浴介助のポイントは?

  3. 高齢者の転倒を予防する方法は?

PAGE TOP
FAQ